しろゆきの50代 人生の楽しみ方
~セールスコピーライターへの道
セールスコピー

セールスコピーライターのおもしろいところ

しろゆきです

この仕事をするようになって、今までとは「違う物の見方」をするようになったと思います。

今回の内容はこちら!

  • 世の中、文章(レター)を見て人は動いている
  • セールスコピーライターは、仕事が自分で選べる

世の中、文章(レター)を見て人は動いている

何かまず商品を買う時、その商品の詳細を見ていると思います。

その内容によって、買う買わないを決めています。

CMにしろ、本にしろ、就活にしろ、内容を読んで自分で決めます。

でも、内容が良くなければ、人は離れていきます。

本当は大していい商品ではなかったとしても、説明が良かったら逆に売れるかも。

もちろん、商品そのもの、説明もバッチリなことにこしたことありませんが。

なので、「商品説明」はとても大事ですね。

本の帯、タイトル、目次など、自分が気になる内容かどうかで決めています。

書く方の立場からすると、つい、自分の書きたいものを書こうとしてしまいますが、

自分の考えではなくて、読み手の立場、読み手の頭の中を想像して書くというのが大事になります。

読む気になれないのは、書き手の気持ちでその文章が書いてあることがほとんど。

おもしろい!!っと思うのは、自分が興味あることが書いてあるからおもしろいのです。

今までそんなこと考えたことなかったので、学ぶたびになるほど!そうだったのか!と納得します。

セールスコピーライターは仕事が選べる

これはなぜかというと、クラウドワークスにしろ、ランサーズにしろ、いろいろと案件が出ていますが、
自分の興味があるのを選んでお仕事が出来ます。

もちろん、応募したのが必ず受けることが出来るかというと、そうではありませんが、

少なくともやりたくないのは、自分で選ばなければいいので、興味がある、得意である内容を選べるというのは、この仕事ならではだと思います。

やっていくうちに、私はこの分野が得意だなとか、楽しいなというのも見えてくるし、やったことないことにチャレンジすることも出来ます。

ちょっと難しいな、私には無理かも?と思う内容でも、一度トライして、自分の許容範囲を広めて、仕事の幅も広げることができます。

こんな世界があったのかと、まだ2か月足らずですが、毎日知らない世界に入っていく楽しみがあります。

どんどんトライしていって、来年の今頃、私はどのように働いてるのか想像すると楽しいです。

新しい案件、新しい仕事。

自分の知らない一面に会えるのも魅力的だと思います。

PS:クリスマスが終わりましたね。珍しく?さっさと飾りなどを片付けて、家の中がすっきりしました。さ、次は大掃除。今年はキッチンから攻めたいと思います!

ABOUT ME
しろゆき
三姉妹の子育ての後半戦。中国語を使っての案内業務をしておりました。 現在は、文章の持つ力に感動して、セールスコピーライターとして活動を始めました。日々、楽しくお仕事させて頂いております。本を読むこと、筋トレなどにも興味あります。