しろゆきの50代 人生の楽しみ方
導かれるように不動産投資の道へ
不動産投資

実家を片付けて気が付いたこと

住まなくなった実家をリフォームして貸し出す作業をしている。

物のない時代に懸命に生きてきた両親の捨てきれなかった大事な物達。

一つ一つ選別して、売ったり、処分したり、我が家に連れて来たりと

毎日通って3~4カ月はかかったかな。

自分の物なら、要らないならすぐに捨てれるけど、親の物となるとそうもいかない。

でも、私がしなかったら誰がするのっと気持ちを正してもくもくと作業。

でも、寂しい悲しいというマイナスな気持ちだけではなく、親がどんな風に生活していたのか、

親のそのまた親(祖父母)の生きていた証も見れて、そこがあって今の私が生まれたんだと

認識できてとてもよかったと今は思えます。

今の私達が生きていられるのは、確実に親、祖父母、そのまた上のご先祖様達のお蔭。

これから私の子ども達が生きていくので、今回の実家片付けは、やるようになっていたんだなと

改めて思いました。

さあ、リフォーム業者も日程も決まり、最終細かい内容を決めてスタートです!!

まだまだな私ですが、一歩一歩前に進めていきます!

がんばるぞっと(^^)/

ABOUT ME
しろゆき
短大を卒業後、出版業界で営業職5年。とても充実した日々を送っていましたが、長くは続けれないと分かり、路線を変更することを決断。兼ねてから留学することが夢だったので思い切って日本を飛び出す。英語が好きでしたが、これからは中国語が話せるほうがいいかも?と北京へ。帰国後結婚→出産→子育てを経て、家族と共に上海駐在生活。帰国後さまざまなパートをするも長く続かず、やっと中国語の通訳の仕事に就くもコロナで退職。在宅でできるライターをしながら、介護がスタート。実家を片付け貸し出す作業をすることで、不動産投資の世界に出会う。