しろゆきの50代 人生の楽しみ方
導かれるように不動産投資の道へ
不動産投資

不動産投資の種類

不動産投資と言っても、さまざまな投資法があります。

戸建て投資、区分投資、マイホーム投資、レンタルスペース投資、アパート投資など。

もともと資産があって、好きなように投資できればやりたい方法でトライできますが、

私のように主婦でも出来る投資って一体あるのかしら・・・?っというところから

スタートしました。

私はまだトライ途中ですので、これから少しでも前に進んでいけるように、インプットするだけでなく、

アウトプットして、更には行動することが一番重要且つ、近道だと思います。

いろんな先輩方のを参考にして、小さい一歩から進めていけたらと思います。

私の場合、実家の貸し出しからのスタートとはなりますが、今回は興味があった

「レンタルスペース投資」について書いていきます。

なぜレンタルスペース投資に興味を持ったのかというと、そもそも貯えのない主婦が

不動産投資をしようとしているのですから、不安でしかありません。

でも少額投資ができるのなら、そこからコツコツ進めていくのもありかなと思いました。

レンタルスペース投資とは、所有する物件や借りた物件を住居でなくて、会議室やパーティールーム、撮影場所という名目で貸し出して利益を得る投資法です。

※私の尊敬する主婦大家”なっちー”先生の著書「小さな不動産投資術。」(ごま書房新社)より

この投資法は、物件を借りて行うこともできるため、自己資金が少ない人に向いているとのこと。

まさに私じゃない?っと思ったのです。

実際、実家の物件は、普通の一軒家。ただ駅近で立地がいいので、普通に貸す方法と、

時間貸しのレンタルスペース投資もできるなあっと。

こうしかダメ!と決めつけるのではなく、あらゆる可能性を視野に入れて進めるのが大事です。

築古物件の投資を考えていますが、先日初めて旦那さんと安い戸建てを見に行きましたが、

山奥で車も入らず、自分達で行ったので物件にたどり着けずに引き返すという残念な結果に( ;∀;)

もちろん、これで諦めるという訳にはいきませんので、これからもがんばって探しますが、

安い物件だけではなく、立地の良いレンタルスペース投資も視野に入れて探していこうかと

思います。

とにかく不動産投資、奥が深く難しいけど、学べば学ぶほど面白い!と思いました。

まだまだスタートしたばかり。

一歩ずつ歩いて行きます。

ABOUT ME
しろゆき
短大を卒業後、出版業界で営業職5年。とても充実した日々を送っていましたが、長くは続けれないと分かり、路線を変更することを決断。兼ねてから留学することが夢だったので思い切って日本を飛び出す。英語が好きでしたが、これからは中国語が話せるほうがいいかも?と北京へ。帰国後結婚→出産→子育てを経て、家族と共に上海駐在生活。帰国後さまざまなパートをするも長く続かず、やっと中国語の通訳の仕事に就くもコロナで退職。在宅でできるライターをしながら、介護がスタート。実家を片付け貸し出す作業をすることで、不動産投資の世界に出会う。